アドミッションポリシー

入学者受入の方針

 建学の精神と学部、両学科の人材育成に関する目的と教育目標に則り、大学としての入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)を以下のように定めています。

学部共通

 本学は、わが国の少子高齢化を支える保健・医療・福祉分野を担う人材の確保と質の向上のために、豊かな人間性と知性を涵養し、確かな知識と実践力を備え、たゆまぬ向上心と創造する力を伸ばす教育を目指しています。また、地域社会の発展への貢献を教育研究の目標としています。
 そのため、本学の教育理念に共感する次のような学生を求めています。

  • 人権や生命への尊厳の気持ちを持った人
  • 他者に対する思いやりの気持ちを持った人
  • 自らの責任において、主体的に学習しようという意欲を持った人
  • 周囲の人々と協力し物事を成し遂げようとする協調性を持った人

看護学科

 看護学科は、高度な保健・医療に対応できる、確かな知識と実践力を身につけた看護職(看護師・保健師・助産師)を育成します。人間の生涯にわたる健康生活を支援し、様々な健康レベルにある人々のニーズに対応するために、保健・医療・福祉サービスにおける専門的な知識技術を教育するだけでなく、人を大切にする心(調和の精神)を持ち、生命の尊厳に対する深い洞察力を修得するための教育を展開しています。
 そこで、看護学科では次のような人を求めます。

  • 看護学を学ぶための基礎となる、国語、英語、理科(特に生物・化学)などの基礎学力を有する人
  • 人間が好きで、自分の意見を主張しながら相手を尊重し、コミュニケーションをとることができる人
  • 看護に関心を持ち、住民の健康の回復と維持に貢献したいという意欲を持った人
  • 常に向上心を持ち、時代の変化に対応できる柔軟な思考力を持った人
  • 地域社会や国際社会に貢献したいという気持ちを持っている人
  • 仲間や多職種など、他の人と協力して保健・医療サービスを提供したいと思っている人

福祉学科

 福祉学科は、多様化、複雑化する保健・医療・福祉のニーズに対応した総合的な福祉サービスを実践できる福祉専門職(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士)を育成します。また、同時に福祉学に加え、経営、経済、法律、栄養など幅広い分野を修得し、一般企業や行政分野においても活躍できるよう教育を展開しています。
 そこで、福祉学科では次のような人を求めます

  • 福祉を学ぶ上で基本となる、国語、英語、地歴・公民などをしっかりと学習している人
  • 人間の福祉に幅広い関心を持ち、福祉の分野で社会に貢献したいと思っている人
  • 人間の尊厳と自立に理解があり、人々の幸せを真剣に考える誠実さと社会性を備えた人
  • 仲間や多職種など、他の人と連携・協力して福祉サービスを提供したいと思っている人
  • 福祉を中心に経営、経済、法律、栄養などを学び、幅広い領域で活躍したいと思っている人