カリキュラムポリシー

教育課程編成の方針

 秋田看護福祉大学は、一人ひとりの学生を大切にし、「豊かな人間性と知性」を涵養し「確かな知識と実践力」と「たゆまぬ向上心と創造する力」を伸ばす教育を行い、卒業後も人を大切にする“こころ”(調和の精神)を持って仕事に励み、人生を生きていく社会人になることを願い、次のような人材を育成する。

1)豊かな人間性と知性を持ち、思いやりと人を大切にする心を持つ人

  • 幅広い教養を身につけ、人権および生命の尊厳を含む人間に対する理解を深め、豊かな人間性を涵養し、また、職業遂行の背景となる社会情勢を認識し、職業人としての倫理観を養うため、両学科で共通の「教養科目」「総合科目」を学ぶ。
  • 「教養科目」「総合科目」には、他の職業スタッフとのパートナーシップを育成するための科目、専門職として欠かせないコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を育成するための科目を配置する。

2)確かな知識と実践力を持って社会に貢献する人

  • 専門職者としての様々な状況で活用するための基礎的知識を学ぶ「専門基礎科目」を配置する。また、専門知識および技術を修得するための「専門科目」(講義・演習・実習)を1年次から、系統的に学べるように配置する。
  • 看護学科では看護師・保健師・助産師、福祉学科では社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家試験を受験する資格を得られるカリキュラムとする。

3)自分で考え、判断し、主体的に行動し、たゆまぬ向上心と創造する力を持った人

  • 「講義」「演習」「実習」「ゼミナール」「卒業研究」などの多彩な授業方法を通し、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の更なる向上を目指すと共に、「向上心」「論理的科学的思考」「問題解決能力」「創造力」を育む。

(平成24年11月6日制定)