学生ボランティアに参加しました 〜Run伴Akitaへの学生参加〜

2016-08-31

8月20日に、「Run伴Akita」へ本学学生が参加しました。

この取り組みは、認知症の人やその家族、支援者、一般の人がリレーをしながら一つの襷(タスキ)をつなぎゴールを目指すイベントです。地域の人たちと出会い、お互いを知り合う中で認知症を考える機会にすることを目的として全国で開催されています。

秋田県北部地域では、本学をスタートし、大町商店街までの間を学生と地域の方が手を取り合いながら襷(タスキ)をつないで往復しました。学生からは「このようなボランティアに参加することで、地域との連携の一つになれれば」といった感想が聞かれ、将来の職業を考えるうえで、そして、実際の業務に携わる際にこの経験を生かした幅広い対応ができる人材育成にもつながる機会となりました。

このように本学の学生は、実習先をはじめとする各種ボランティアにも積極的に参加し、より多くの経験から将来像を明確にするとともに、人間性や対応力を養う取り組みをしています。