平成28年度卒業証書授与式を挙行―新たな旅立ち

2017-03-27

3月16日に、平成28年度秋田看護福祉大学卒業証書授与式を行いました。

本学9期生の看護福祉学部看護学科55人、同福祉学科40人の計95人が卒業し、新たな第一歩を踏み出しました。

小泉正樹学長より「与えられた時間は限られており、浪費すれば短く、活用すれば長くできる。本学で得た誇りと勇気を胸に社会で活躍してほしい」との告辞がありました。

卒業生を代表して、福祉学科の小板橋綾乃さんが「これからはそれぞれの道を歩んでいくことになりますが、大学生活で培ってきた多くの経験を糧に、一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。また、看護や福祉に携わる者として本学での学びを社会に貢献できるよう日々精進してまいります」と述べました。

卒業生の皆さんには、新たな活躍の場でも持ち前の明るさや素直さを忘れず、本学卒業生としての自覚と自信を持って社会に貢献することを、教職員一同期待しています。