履修ガイド

単位制

大学における学修は、単位制で行われます。一定水準の学修量を単位として表し、所定の期間での量的修得を卒業の判定基準にする方式のことです。授業科目には、それぞれ単位数が定められており、学生はそれぞれの学科において定められた単位数以上を修得しなければ、卒業できません。

学年・学期

本学においては、学年は4月1日から始まり、翌年3月31日に終わります。

学年の前半の4月から9月までを「前期」、後半の10月から3月までを「後期」に分けて2学期制としています。

授業科目には、「前期」または「後期」で終了するものと、1年もしくは1年以上にわたるものもあります。

科目分類種別

授業形態の区分

授業科目は、授業の形態により「講義科目」「演習科目」「実習科目」の3つに区分されます。

分野の区分

授業科目は、教育課程(カリキュラム)により次のように区分されます。

  1. 教養科目
    1. 人間系
    2. 社会系
    3. 自然系
    4. 情報系
  2. 総合科目
  3. 専門科目
    1. 専門基礎科目
    2. 基幹科目
    3. 展開科目
    4. 発展科目

履修の区分

授業科目は、次のように区分されます。

  1. 必修科目
    卒業までの間に必ず履修し、単位を修得しなければならない科目です。
  2. 選択科目
    指定された科目群から、任意に選択して所定の単位を卒業のために必ず修得しなければならない科目です。原則として、履修が可能な場合には、何科目でも履修できます。

カリキュラムと卒業要件

大学で行っている授業は、学則その他で定められた教育課程(カリキュラム)に基づいて行われます。

また、本学を卒業するためには看護学科及び福祉学科に4年以上在学し、学則の別表に示すとおり、看護学科は125単位以上、福祉学科は124単位以上を修得しなければなりません。

単位数と時間数

単位とは一定の勉学の質や学習の量を示す基準で、授業科目ごとに単位数が定められています。

1単位の時間数は、授業(学外実習を含む)時間と自己学習時間を合せて45時間と定められています。

なお、授業時間の1時限の時間数は90分ですが、単位算定上は2時間とみなされます。

基準表

区分 授業時間 自己学習時間 備考
講義 15 30 45 個々の授業科目の単位数、授業時間は、学則別表で確認のこと
演習 30 15 45
実験・実習・実技 45 45

履修登録について

履修登録とは

本学学生が卒業及び学位の認定を受けるためには、学則に定められた所定の科目を履修し、単位を修得しなければなりません。そのために必要なのが『履修登録』です。

履修登録は、所定の手続きに従って指定された期日までに行わなければなりません。

履修登録を行わなかった場合は、たとえ授業に出席していても、その科目の単位を修得できません。これは必修科目についても同様です。

履修登録の時期

履修登録は、各学期の始めに設定されている期間内に行います。

履修登録の方法

手続き手順は次のとおりです。

  1. 「授業時間割表の配布」「履修登録用紙の配布」「履修登録等の説明」
    指定された日時に学科別・学年別にガイダンスを実施し、これらを説明しますので、必ず出席してください。
  2. 「各自の時間割表作成」「履修登録用紙へ記入」「履修登録の内容確認」
    授業時間割表に従い各自の時間割を作成し、それと照合しながら履修登録用紙に記入します。(記入にあたっては登録用紙の取り扱いに注意してください。)
    また、履修する科目や項目が正確に記入されているか、よく確認してください。
  3. 「履修登録用紙の提出」
    期限を厳守し、履修登録用紙を提出します。用紙が提出されない場合は修学する意思がないと判断されます。
  4. 「履修確認表の配布・受領」「履修内客の確認」
    各自が表した履修登録用紙をコンピュータ処理した後、登録内容を印刷した履修確認表を各自に配布しますので必ず受け取り、誤りなどがないか各自が作成した時間割と照合してください。
    この履修確認表の配布・受領をもって履修登録が完了します。
  5. 「履修の修正申請・再登録」
    履修確認表に誤リがあった場合、またはやむを得ず履修を変更する場合は、指定された日時に学務課に修正の申請をし、履修の再登録をしてください。

登録上の注意事項

各学期の時間割を見て、自分が履修するすべての科目の登録をします。

その際、次のような注意が必要です。

  1. その学期だけでなく、卒業するまでの間に履修するすべての科目を十分考慮する。
  2. 卒業、免許・資格取得、将来の進路に必要な単位数を考慮する。
  3. 履修する科目すべての単位が修得できるとは限らないので、卒業要件単位数よりも多く履修登録することを心がける。
    ※ 卒業要件単位数は、あくまで卒業に必要な最低限の単位数にすぎません。
  4. 在籍している年次よりも上級の年次の開講科目を履修することは出来ません。また、既に単位を取得した科目を再び履修することも出来ません。
  5. 同一時間帯に設置されている科目は、重複して履修登録は出来ません。
  6. 履修登録していない科目は、試験を受けることができません。
  7. 登録時の提出書類は登録後にも必要になる場合がありますので、各自で必ず控え(コピー)を手元に保管しておいてください。
  8. 1年間に履修する単位の上限は50単位です。国家試験受験資格を得るために50単位を超える場合はクラス担任に相談してください。

既修得単位の認定

本学に入学する以前に他の大学・短期大学に在籍していた学生には、学則第34条に基づき、教育上有益と認めるとき、本人の申請によりその大学・短期大学において修得した科目の単位を(編入学等の場合を除き)60単位を超えない範囲で、本学の科目を履修し修得したものとし認定することがあります。

  1. 既修得単位の認定申請は、年度当初に受付します。詳細は掲示しますので注意してください。
  2. 既修得単位の認定申請は、入学後の最初の履修登録期間内に希望する全ての科目を認定申請する必要があります。これ以降の申請は受け付けません
  3. 認定の審査結果については個別に連絡します。

保健師科目の履修について

  1. 履修条件
    保健師国家試験受験資格に必要な科目の履修を希望する学生は、3年次前期修了までに次の科目の単位を修得していることが条件になります。
    社会福祉概論I 公衆衛生学 社会保障論I
    障がい(児)の福祉 保険・医療と法律 疫学
    保険統計学 家族看護論 公衆衛生看護学概論
    健康教育論 公衆衛生看護活動展開論I 母子保健活動論
    成人保健活動論 高齢者保健活動論  
  2. 履修の選考
    1. 保健師国家試験受験資格に必要な科目の履修を志願する学生の中から、面接試験と履修条件の科目の成績を合わせて、その上位の学生を選考します。
    2. 選考は3年次前期試験終了後に行います。
  3. 履修人数
    保健師国家試験受験資格に必要な科目の履修人数は、実習施設などを勘案して決定します。
  4. 選考に関する詳細は、後日掲示などでお知らせします。

助産科目の履修について

  1. 履修条件
    助産師国家試験受験資格に必要な科目の履修を希望する学生は、3年次前期修了までに次の科目の単位を修得していることが条件になります。
    リプロダクティブ・ヘルス/ライツ 保健・医療と法律 小児看護学概論
    母性看護学概論 母性看護方法論 家族看護論
    保健統計学 病態治療学III 次世代育成ケア論
    小児看護方法論I 健康教育論 助産学概論
    疫学 母子保健活動論  
  2. 履修の選考
    1. 助産師国家試験受験資格に必要な科目の履修を志願する学生の中から、面接試験と履修条件の科目の成績を合わせて、その上位の学生を選考します。

    2. 選考は3年次前期試験終了後に行います。
  3. 履修人数
    助産師国家試験受験資格に必要な科目の履修人数は、実習施設などを勘案して決定します。
  4. 選考に関する詳細は、後日掲示などでお知らせします。

精神保健福祉士科目の履修について

  1. 履修条件
    精神保健福祉士国家試験受験資格に必要な科目の履修を希望する学生は、2年次後期修了までに次の科目の単位を修得していることが条件になります。
    心理学 社会学 社会福祉概論I
    社会福祉概論II 社会保障論I 社会保障論II
    医学一般 ソーシャルワーク論I ソーシャルワーク論II
    障害者福祉論I 障害者福祉論II ソーシャルワーク演習I
    ソーシャルワーク演習II 公的扶助論 地域福祉論I
  2. 履修の選考
    1. 精神保健福祉士国家試験受験資格に必要な科目の履修を志願する学生の中から、面接試験と履修条件の科目の成績を合わせて、その上位の学生を選考します。
    2. 選考は2年次前期試験終了後に行います。
  3. 履修人数
    精神保健福祉士国家試験受験資格に必要な科目の履修人数は、実習施設などを勘案して決定します。
  4. 選考に関する詳細は、後日掲示などでお知らせします。

資格・国家試験

看護師国家試験受験資格

本学の看護学科において、必修科目の単位及び卒業に必要な単位を修得し卒業した者に、看護師・保健師国家試験の受験資格を与えます。

保健師・助産師国家試験受験資格

本学の看護学科において、必修科目の単位及び卒業に必要な単位を修得した上で、受験資格取得のための指定科目の単位を修得した者に受験資格を与えます。

社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士国家試験受験資格

本学の福祉学科において、卒業に必要な単位を修得した上で、受験資格取得のための指定科目の単位を修得し卒業した者に、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士国家試験の受験資格を与えます。

社会福祉主事任用資格

本学の福祉学科において、指定された科目を3科目以上修得した者は、卒業時に社会福祉主事任用資格が与えられます。

授業について

年間を通じて、授業時間は次のようになっています。

  • 第1時限  9:00~10:30
  • 第2時限 10:40~12:10
  • 第3時限 13:00~14:30
  • 第4時限 14:40~16:10
  • 第5時限 16:20~17:50

休講・補講・集中講義

講義は時間割表に記載された時限・教場において行います。ただし、臨時に変更される場合もありますので、掲示板の連絡事項に注意してください。

  1. 休講
    本学の行事、あるいは授業担当教員の学会・出張・病気・その他やむを得ない理由により、休講となる場合があります。そのような場合は掲示板にて連絡します。休講に関する掲示、連絡がなく授業開始時刻から20分を経過しても授業担当教員が入室しない場合は、学務課に連絡し指示を受けてください。
  2. 補講
    授業担当教員の都合による休講のため、規定の授業時間に満たない授業科目については、一定の期間を設けて「補講」を行います。
  3. 集中講義
    特別の事情により毎週講義を行わない場合、一定の期間(長期休業期間等)を設けて連続的に講義を行うことがあります。
    ※補講・集中講義ともに担当教員の都合により、急遽土・日を利用したり、長期休業中に実施することもあります。

授業中の注意

  1. 座席は原則として自由です。ただし、授業によっては、座席指定となることもあります。
  2. 授業中は、絶対に隣席と私語をせず静粛にしてください。態度の不真面目な学生は退席を命じられることもあります。
  3. 授集中の態度は各期の評価に関係があります。
  4. 授業中の飲食は一切禁止です。
  5. 授業中は携帯電話等の電源は必ず切るようにしてください。

授業の欠席

  1. 授業に30分以上遅刻した場合は欠席となります。
    病気・その他やむを得ない理由で欠席した場合は、理由を書いた「講義欠席届」とそれを証明するもの(診断書のコピー等)を必ず授業担当教員に提出してください。病気・怪我のために1週間以上欠席する場合は医師の診断書を添えて学務課に届けてください。
  2. 忌引きについては、近親者の死去に伴う一定期間の欠席は、以下の基準で忌引き扱いになります。この場合は学務課に届出て指示を受けてください。
    1. 一親等(配偶者親族を含む父母、子)…7日以内(土・日曜日、祝日を含む)
    2. 二親等(配偶者親族を含む祖父母、兄弟姉妹)…5日以内(土・日曜日、祝日を含む)
  3. 就職採用試験で授業を欠席する場合は、事前に学務課に相談してください。
  4. 地震・火災等による欠席の取り扱いについては、その都度審議されます。
  5. インフルエンザ等の感染症の場合も、その都度審議されます。

「欠席過多」による受験資格喪失

授業の出席回数が次の基準に満たない場合は、当該授業科目の試験を受けることが出来ませんので十分注意してください。

※ 授業実施回数の3分の2以上の出席(介護実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、ソーシャルワーク実習、精神保健福祉援助実習は5分の4以上の出席)をしていること。

試 験

試験

試験の種類は、各学期または各学年の講義終了後に実施する定期試験や学期の中間などに行われる臨時試験等があります。定期試験で不合格となった場合や、やむを得ない理由で欠席した場合は、それぞれ再試験、追試験を行うことがあります。

試験の方法は、筆記試験、レポート、実技等によります。

定期試験

  1. 定期試験は通常各学期の講義終了後に行われます。なお、学期中に臨時行う試験もありますので、授業担当教員からの指示、および掲示板の連絡事項に注意してください。
  2. 定期試験にかえて、レポートを提出させることがあります。レポートの提出については注意事項を守ってください。
  3. 定期試験の時間割は7日前までに掲示板でお知らせします。
  4. 試験の所要時間は、原則として各60分としますが、授業担当教員の指示に従ってください。
  5. 履修登録していない科目は、試験を受けることが出来ません。

受験上の注意

  1. 試験当日は遅刻しないよう、早めに登校してください
    やむを得ず欠席する場合は、試験該当日中に必ず本人が学務課に連絡し指示を受けてください。
  2. 試験期間は(3)にかかげる「定期試験心得」に従ってください。
    なお、その他特に次のことにも配慮してください。
    1. 試験実施中は廊下などでの私語は受験中の学生の迷惑になりますので慎んでください。
    2. 実技による試験等の場合は、盗難防止のため必ずロッカーに貴重品を保管してください。
    3. ノート持ち込みが許可されている場合は、自筆のノート以外は認めません。
    4. 携帯電話・スマートフォンなどの試験場への持ち込みは禁止です。ロッカーに保管するなどの対処をしてください。
  3. 定期試験心得
    1. 試験開始の10分前には試験場に入室してください。
    2. 試験はすべて監督者の指示に従い、静かに受験してください。
    3. 試験場内では各自の学生証を必ず机の上に提示しておいてください。

      万一、学生証を忘れた場合は事前に「学務課」に申し出て「仮受験票」の交付を受け、学生証のかわりに提示してください。
      ただし、この仮受験票の交付は試験期間中1回のみ、当日限り有効です。
      2回目以降は理由の奴何をかかわらず受験を許可しません。
      学生証も仮受験票も携帯していない場合は、その試験は受験できません。

    4. 答案には、学科・学年・学生証番号および氏名を記入してください。

      無記名の答案は無効とします。

    5. 試験時における遅刻は20分以内であれば受験を許可しますが、これを超えた場合受験は認めません。

      なお、原則として試験開始後30分経過すれば試験場から退出できますが、試験監督者の指示に従ってください。

    6. 着席後の私語は絶対にしないでください。

      なお、話をした学生は退出させられることがあります。退出させられた学生は、その科目の受験は無効(欠席扱い)となリ単位は認定されません。

    7. 机の中には、一切物を入れないでください。たとえ自分が入れたものでなくとも、予め出して監督者の指示に従ってください。
      所定の学費を納入していない場合は、失格又は無効となります。

不正行為について

不正行為は厳重に処罰されます。試験中不正行為をした場合は、当該試験科目の評価はしません。なお、行為が悪質で反省の態度が見られない場合には、当該期の履修登録科目についての単位は認定せず、学則による懲戒の対象とします。不正行為とみなされるものは、次のとおりです。

  1. 他人の学生証で受験すること。
  2. 机や持ち込み許可物などにあらかじめ試験に関することを書き込むこと。
  3. カンニングペーパーなどを使うこと。
  4. 持ち込みを許可されていないものを見ること。
  5. 他人の答案を見たり、自分の答案を他人に見せたりすること。
  6. 試験開始後であっても、私語を止めないとき。
  7. 許可なく物品を貸借すること。
  8. 監督者の指示に反する行為をしたとき。
  9. 携帯電話やスマートフォンなどを持ち込んだとき。
  10. 机の中に許可のないもの(教科書、資料、携帯電話など)を入れているとき。

試験の欠席について

  1. 試験を病気その他やむを得ない事由で欠席した時は、追試験を行う場合がありますので、必ず欠席した試験科目実施日中に学務課(0186-45-1718・1712)まで連絡してください。
    また、事由を明らかにする証明書を取得しておくこと。
  2. やむを得ない事由と追試験の手続きについては、『追試験』の項目を参照のこと。
  3. 無断で欠席した場合や正当な理由なく欠席した場合、または事由を明らかにする証明書がない場合は、追試験は行われません。

レポートについて

授業担当教員などから提出指示のあったレポートについては、提出先や提出方法をよく確認して、指示に従って提出してください。

また、特に提出方法の指示がなかったレポートを提出する際には、次に注意してください。

  1. 枚数・様式等は指定された方法を守ってください。
  2. レポートに表紙をつけ、ホチキスまたは紐などで綴って提出してください。綴らないで、クリップやピン類を使用したものは受け付けません。
    (事務室では、文房具類は一切貸し出ししませんので注意してください。)
  3. レポート提出は必ず本人が指定された場所に提出してください。期間を厳守してください。遅延は認められません。
  4. 特に指定されていない限り、郵送による提出は認められません。
  5. 一度提出されたレポートに対して、追加・訂正をすることは出来ません。
  6. 試験にかわるレポートなどについては、試験と同じ取り扱いとなります。

追試験

定期試験をやむを得ない理由で欠席した者は、原則欠席した試験科目実施日までに何らかの方法で連絡してください。その場合、連絡した日から4日以内(休日を除く)に、必ず試験欠席の理由を明らかにする証明書を添え、試験欠席届を学務課に提出ください。試験欠席届が提出された後、追試験が認められた場合は掲示などで連絡しますので、指定された日時までに定められた受験量の証紙を添付した追試験受験願を学務課に提出し受験許可を得た上で受験してください。なお、試験欠席届に証明資料がない場合は認めません。

  1. 試験が認められる事由と証明資料
    1. 本人の病気・怪我・・医師の診断書など
    2. 本人の交通事故・・・事故証明書、医師の診断書
    3. 交通機関の延着・・・交通機関の延着証明書など
    4. 忌引き・・・・・・・会葬礼状や忌引きであることを証明する文書
  2. 受験手数料
    1試験につき1,000円

再試験

定期試験の結果、成績が不合格の場合単位は認定されませんが、授業担当教員の判断により再試験を行うことがあります。

再試験を実施する科目などについては、成績発表当日に掲示板に時間割を掲示してお知らせします。

また、再試験を願い出る学生は、成績発表当日中に再試験受験願に定められた受験料の証紙を添付し学務課に提出しなければなりません。

  1. 受験手数料
    1試験につき1,000円

受験のプロセス

定期試験の受験から最終成績判定と再履修についての通常プロセスは次のとおりです。



評価C以上
(60点以上)
 ⇒  合格 単位修得
病気・事故などで
試験欠席(証明書有)
追試験
(ある場合)
合格 単位修得
不合格 再履修
(次年度)
評価D
(59点以下)
再試験
(ある場合)
合格 単位修得
不合格 再履修
(次年度)
無断欠席・正当な
理由のない欠席
 ⇒  不合格 再履修
(次年度)

成績評価

成績評価の方法

学業成績は、定期試験だけではなく、臨時試験・論文・レポート・出席状況・学習態度等の結果に基づいて授業担当教員が総合的に判断します。

それぞれの授業科目の成績評価については、シラバスの各科目の「成績評価」に記載されています。

成績評価基準

次の基準で評価されます。

   AA ・・・・ 100点~90点 合格

   A ・・・・ 89点~80点 合格

   B ・・・・ 79点~70点 合格

   C ・・・・ 69点~60点 合格

   D ・・・・ 59点以下 不合格

成績通知

成績は学期毎に「成績通知書」を本人に交付します。交付の日時などについては、その都度掲示板等で連絡します。交付にあたっては、学生証の提示を求めますので必ず携帯してください。

また、保護者にも通知します。授業料など納付金が未納である場合は、単位認定を受けられません。

進級要件

看護学科の3年次に進級するためには、2年以上在学し、原則として2年次までに修得すべき必修科目をすべて修得していることが要件となります。

福祉学科の3年次に進級するためには、2年以上在学し、修得単位数が50単位以上でなければならない。

実習履修要件

各学科の専門科目に配当されている「実習科目」を履修するために必要な要件は「秋田看護福祉大学実習科目履修要件」のとおりとなります。

卒業見込証明書の発行について

原則として看護学科は、3年次修了時点において、必修科目をすべて修得していることが基準です。

福祉学科は、3年次修了時点において、修得単位数が80単位以上であることが基準です。

学位

看護福祉学部 看護学科     学士(看護学)

看護福祉学部 福祉学科     学士(社会福祉学)

卒業要件

卒業所要単位数

看護福祉学部看護学科及び福祉学科を卒業するには、次の表に示す卒業所要単位を修得してください。

看護学科

区分 単位数
教養科目 必修 5単位
選択 12単位以上
総合科目 必修 8単位
選択 6単位以上
専門基礎科目 必修 20単位
専門科目 必修 69単位
選択 5単位以上
合計 125単位以上

※平成30年4月入学者より適用

福祉学科

区分 単位数
教養科目 選択 22単位以上
総合科目 選択 14単位以上
専門科目 必修 3単位
選択 85単位以上
合計 124単位以上

※平成30年4月入学者より適用

卒業

本学に4年以上在学し所定の科目の単位を修得して卒業資格を得た者には、卒業証書を授与し、次の学士の学位を授与します。

看護福祉学部 看護学科 学士(看護学)

看護福祉学部 福祉学科 学士(社会福祉学)

学生の身分に関する事項

以下の身分の異動を希望する場合は、学務課教務係に願い出てください。

各願出用紙は学務課教務係にあります。

休学

疾病その他やむを得ない理由で3ヵ月以上修学することの出来ない場合は、保証人と連署の上『休学願』を提出してください。疾病による休学の場合は医師の診断書が必要です。

休学の期間は1年を超えることができませんが、特別の事由がある場合は願い出によりさらに1年以内に限り延長することができます。

休学期間は通算して4年を超えることができません。

休学期間は在学年限に算入されません。

復学

休学の期間が満了したとき、もしくは休学期間中であってもその事由が消滅した場合は、保証人と連署の上『復学願』を提出してください。疾病による休学の場合は、復学しても差し支えない旨の医師の診断書を添付してください。

退学

退学しようとする場合は、保証人と連署の上、学生証を添えて『退学願』を提出してください。

除籍

次に該当する場合は、除籍されることがあります。

  1. 在学年限を超えた場合
  2. 休学期間(通算して4年)を超えてなお復学できない場合
  3. 正当な理由がなく授業料の納付を怠り、督促してもなお納付しない場合
  4. 長期にわたり行方不明の場合
  5. 病気その他やむを得ない事由で成業の見込みがないと認められた場合