卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)

看護福祉学部

秋田看護福祉大学は、建学の精神を基本理念として学則第1条及び第6条第2項の目的と目標の実現のため、次に示す要件を満たす学生に対し、卒業を認定して学位を授与します。

  • 幅広い教養と人権や生命の尊厳への深い理解、豊かな人間性を涵養する姿勢を備える。
  • 問題をみつけ、論理的・科学的に思考し、解決方法を考える能力を備える。
  • 倫理観を持って積極的かつ主体的に行動する能力を備える。
  • 専門職者としての知識と技術を身につけ、それらを実践的に統合し、応用する能力を備える。
  • 調和の精神に根ざしたコミュニケーションがとれ、多様な人々と協働し責任ある行動をとることができる能力を備える。

看護学科

  • 看護の専門的な知識と技能の基本を身につけ、科学的根拠に基づいた判断ができる。
  • 専門職業人としての使命感を持ち、多様な人々と連携し、責任ある行動をとることができる。
  • 個人や地域が抱える健康問題の解決に向けて、主体的な取り組みができる。

福祉学科

  • 福祉学を中心に据えた学問の基本的な知識と技術を身につけ、科学的根拠に基づいて判断することができる。
  • 深い人間理解に基づく倫理観・使命感を持ち、人間の尊厳を守ることができる。
  • 社会福祉の理念を理解した上で、実社会における諸課題を解決し、地域社会に貢献することができる。