教育目標と三つの方針

看護過程論
看護研究
母子保健活動
助産診断

卒業後に就ける職業

病院・診療所

外来患者・入院患者に対し、看護職としてさまざまな心身のケアを行います。

介護サービス提供事務所

介護が必要な方を訪問し、医療の面からのケアや相談援助を行います。

保健所・地方自治体

保健師として、地域の人々の疾病予防や健康増進のために活動します。

学校の保健室

養護教諭として、生徒が健康な学校生活を送れるように幅広くサポートします。

助産院

助産師として、妊婦が安全で健やかな出産ができるよう、サポートします。

訪問看護ステーション

自宅で療養する人たちを定期的に訪問し、ケアや相談援助を行います。

企業・団体の研究所

医療関連の企業や団体などで、看護の視点を生かした事業展開に携わります。

看護の教育機関

大学などの教育機関で、看護職をめざす人たちの教育や看護の研究に従事します。

海外での看護活動

NPOや赤十字、青年海外協力隊などの一員として海外で看護活動を行います。

企業での健康管理

企業の医療セクションなどで、社内で働く人たちの健康管理全般を担当します。

介護老人保健施設・介護老人福祉施設

介護が必要なお年寄りのための施設で、医療面からのケアや相談援助を行います。