附属図書館

所蔵検索

附属図書館の所蔵検索がネット上でできるようになりました!

 ・欲しい資料が図書館にあるかどうかの確認が簡単にできます。

 ※利用方法…タイトル・著者名・キーワード等、わかる範囲で入力してください。

 下記「附属図書館 OPAC」をクリックし、ご利用ください。 



図書館利用について

1) 利用上の注意

(1)貸出資料の返却期限は厳守してください。
(2) 貴重品は必ず身に付けてください。
(3) 館内の飲食・喫煙はできません。
(4) 館内で携帯電話、PHSの使用はできません。
(5) 他の利用者の迷惑となる行為は慎んでください。

2) 開館時間

(1)学期中
月曜日〜金曜日
8:30〜19:00
土曜日
9:00〜17:00
(2)長期休業中
月曜日〜金曜日
8:30〜17:10
土曜日
閉館

※ 試験期間中は、開館時間を延長いたします。

平成28年6・7月の開館日はこちらです。

3) 休館日

日曜日、長期休業中の土曜日、国民の休日、開学記念日(4月26日)、入学試験日、年末年始、その他休業中に定める日

※ 開館時間、休館日は特別な事情がある場合、臨時に変更することがあります。その場合は事前に掲示します。

4) 利用について

本学図書館はコンピュータシステムで管理されており、資料貸出、視聴覚室及び視聴覚資料の利用等の際に学生証が必要となります。

(1)入館・退館

出入口にブックディテクション・システムを設置してあります。カウンターで貸出手続きをしていない資料を持ったままゲートを通過するとブザーが鳴ります。
荷物に図書館資料が紛れ込んでいないか確認して<ださい。

※ブックディテクション・システムは精巧なシステムですが、不測の原因が重なり、まれに誤作動する場合があります。その際には職員による原因調査にご協力ください。

(2)掲示板

当日の開館時間・開館カレンダー・休館日の変更や各種お知らせ等掲示しています。こまめに確認してください。

(3)カウンター

カウンターでは以下のような手続き・サービスを行っています。図書館利用について不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

  • 図書貸出・返却手続き
  • 各種データペース利用手続き
  • 視聴覚資料及び視聴覚室利用手続き
  • 文献複写依頬・相互貸借の受付(有料)
  • 購入希望図書の受付
(4)館内閲覧

館内の資料(図書・雑誌)は自由に閲覧することができます。
視聴覚資料はカウンターで手続きをしてから視聴覚室でご利用ください。

(5)貸出・返却
館外貸出
  • カウンターで借りたい本と学生証を提示して、貸出票に必要事項を記入してください。
    (学生証の裏にあるバーコードで貸出管理を行っています)
  • 館外貸出の出来ないものは以下の通りです。
    参考図書・逐次刊行物(雑誌)・視聴覚資料・国家試験対策資料など
  • 館外貸出の冊数及び期間は、5冊1週間までです。
  • 貸出図書の予約や延長もできます。
  • 長期休業期間中の貸出については、その都度予告掲示します。
返却

貸出手続きをした本は、必ずカウンターで返却手続きしてください。
直接書架に戻しても手続きしたことになりませんので注意してください。
返却期間を過ぎて、掲示などで督促しても返却がなされない場合、一定期間図書の貸出ができなくなる場合があります。

(6)コピー機の利用

館内の所蔵資料をコピーする際に利用できます。(1枚10円、カラーコピー不可)
館内の資料以外のものをコピーする時は就職資料室のコピー機を利用してください。

(7)資料の探し方

図書館で所蔵する図書はOPACで検索できます。
書名・著者名などを入力することによって、探している本が図書館に所蔵されているかどうか調べることかできます。端末の操作方法は備え付けのマニュアルを参照してください。

図書は内容によって10種類に分類して配架されています。
新聞のバックナンバーを閲覧したい方は、カウンターに申し出てください。

(8)掲示について

図書館では延滞本の督促・希望図書入荷のお知らせなど、個別の学生に対する連絡を、学籍番号と氏名を掲示したり、学生の携帯電話および自宅への電話などで行います。あらかじめご了承ください。

5) 学外者の方へ

本学の図書館は、卒業生、看護・福祉関係の職務にある方、その他館長が許可した方に開放しております。
初めて利用する際には、下記のものをご用意の上、来館願います。
 (1)顔写真付の身分証明書(運転免許証等)
 (2)勤務先が明示された身分証明書(健康保険証等)
カウンターで利用手続きを終えてから閲覧願います。

6) 関連リンク

関係のリンク先はこちらから