先輩・在学生メッセージ

新入生からのメッセージ

笑顔で優しい看護師になりたい

 私は幼い頃体が弱く何度も通院をしていたため、いつも笑顔で優しく接してくれた看護師に強い憧れを抱くようになりました。この大学で看護師としての技術をしっかり身につけ、さらに授業やサークル活動を通してコミュニケーション能力を高め、笑顔で優しく患者様に接することができる看護師になりたいです。

看護学科1年

秋田の医療に貢献したい

 私が看護師を目指すようになったのは、人と接する仕事や人のためになる仕事に就きたいと思うようになったからです。この大学で臨機応変に現場で対応できる知識と技術を身に付け、将来は秋田の看護・医療事業へ貢献したいと思っています。そして一人でも多くの人が自分の姿を通して看護を目指してくれるような看護師になりたいです。

看護学科1年

認定看護師を目指して

 私は将来、地域医療に貢献し、より専門的な知識や技術を身に付けて認定看護師になり、率先して看護の現場で活躍したいと思っています。そのために少人数教育の丁寧な指導が行われているこの大学で看護の知識や技術はもちろんのこと、多くの人々との関わりの中で看護師に値するふさわしい人間性を身に付けたいです。

看護学科1年

患者様に頼りにされる看護師に

 私がこの大学に入学したのは、少人数教育できめ細かい指導と、看護についてたくさんの分野を細かく学習できるためです。キャリアサポートが充実していて、看護師を目指す場所に適していると思いました。将来は患者様が何も言わなくても、気持ちを察することができるような頼りにされる看護師になりたいです。

看護学科1年

在学生からのメッセージ

日々の時間を大切に看護を学んでいます

 この大学は看護師だけでなく、保健師や助産師の国家試験受験資格を取得することができ、また少人数教育で自分の進みたい分野について詳しく学習することができます。
 授業はとてもわかりやすく、より知識を深めることができます。覚えることがたくさんあるので、予習・復習は欠かせません。実習は1年生の夏休みからあるので、後期の授業に対する心構えも違ってきます。実際の現場の雰囲気を感じることができ、とても良い機会です。
 今は1年生の時に比べ、レポート提出や専門科目も多くなりました。時間を少しでも有効に使うことができるよう、学内の図書館等を利用してレポート提出や事前学習・事後学習に力を入れています。
 将来は医療従事者として患者様の疾患に目を向けるだけでなく、気持ちにも寄り添えるようになりたいです。

看護学科2年

命と向き合う仕事がしたい

 看護は直接命と向き合う仕事であり、大きなやりがいを感じ興味を持つようになりました。患者様の命を預かる厳粛な仕事であるため、その分学ぶことも多く大変ですが、実習では大学で学んだことがリンクされ、毎日発見や知識の取得ができ、より看護への興味が増し、勉強への意欲も沸いてきます。
 大学の先生方はその道の専門家の方ばかりです。教科書には載っていない知識を自分の経験と照らし合わせて指導してくれます。どの先生もとても気さくで楽しい方ばかりです。研究室へも気軽に足を運ぶことができ、いろいろ相談に乗ってくれます。
 3年生になった今は、基礎看護技術の練習や病態・疾患の事前学習を行い、有意義な実習ができるように日々務めています。

看護学科3年

産婦さんが安心してお産ができる助産師に

 大学4年間の授業は1・2年生で専門知識を学び、3・4年生で実習に入るという、授業で学んだことを結びつけていくようなシステムになっています。
 4年生になり助産学実習に向け、分娩介助の練習や講義の復習に力を入れています。国家試験の対策も本格的にはじめ、模試の復習や過去問題を解くことを中心に自己学習を進めています。他の学年に比べ、助産分野の勉強があり、日々学ばなければならないことが多くありますが、辛いことを話せる仲間がいることでまた頑張ろうという気持ちになり、楽しく勉強や実習をしています。
 将来は病院で助産師として働き、産婦さんが良いお産だったと思えるような援助をしていきたいです。
また、お産だけでなく、妊婦・出産・育児という過程に関わりながら、専門的な知識や技術を持つ立場としてサポートできる助産師になりたいです。

看護学科4年

卒業生からのメッセージ

看護師・保健師 藤島 由貴さん
平成21年3月 看護福祉学部看護学科卒業(看護師・保健師資格取得)

人と密に関わることができるやりがいのある仕事

 私は現在、脳神経外科病棟で働いています。もともと誰かのためになる職業に就きたいと考えていました。祖母が難病を患い亡くなった時に、祖母のために力になりたかったという思いから、看護師になろうと決めました。
 医療とは、人の命に携わる仕事です。自分のちょっとしたミスが命に関わることもあります。そうならないために常に観察と確認を忘れずに、ひとつひとつを確認しながら、安全・安楽な看護を提供できるよう心掛けています。
 患者様が笑顔で元気になって帰っていく姿を見ると、患者様と毎日密に関わることができることにやりがいを感じています。
 高齢社会が進む中、看護師は更に必要とされる職業です。
 社会に、そして患者様に必要とされる看護師になって、みなさんと一緒に働くことができたらと思います。